オーデマ・ピゲ ロイヤルオークシリーズRD

ロイヤルオーク50周年記念モデルは、ステンレススチール製で直径39mm、厚さ8.1mm。自動巻きフローティングトゥールビヨンを搭載した初 “ジャンボ “モデルです。こ時計は、ブランドが新たに開発した厚さわずか3.4mm超薄型自動巻きフローティングトゥールビヨン・ムーブメント、キャリバー2968を搭載し、伝統と現代クラフトマンシップを融合した手仕上げで仕上げられています。こ時計を作るために、オーデマ・ピゲ時計職人たちは、美的なディテールにこだわりながら、数々技術的な課題を克服してきました。こ画期的なイノベーションをスピリットコアとする時計は、今年9月に細め手首に似合う37mmモデルが発売され、異なるダイヤルカラーが用意されます。

こ革新的なモデルには、開発に5年を費やした新しい超薄型自動巻きフローティングトゥールビヨン・ムーブメント、キャリバー2968が搭載されています。オーデマ・ピゲコピーエンジニアと時計職人は、これまで41mmケースにしか搭載されていなかったこ複雑機構を、よりコンパクトな「ジャンボ」ケースに収めるために多く困難を克服しました。これはオーデマ・ピゲが初めて実現した技術革新であるだけでなく、時計業界全体でも極めて稀なことです。自動巻きフローティング・トゥールビヨンは、そ薄さを損なわないために、いくつか部品配置を調整し、非常に革新的な方法で再設計されました。トゥールビヨン・ケージはチタン製で、初めてリム駆動デザインを採用しました[1]。これにより、エネルギーをより効率的にトゥールビヨンに伝えることができるだけでなく、調整機構全体をより軽量かつコンパクトにすることができます。

また、新しい脱進機を搭載し、クラフツマンシップ美的ディテールを際立たせるだけでなく、ムーブメント内部機構を部分的に公開しています。テンプ軸形状やレイアウトが調整され、機構内「芯」鼓動がより明確に見えるようになりました。こように洗練されたムーブメントデザインにより、フローティングトゥールビヨンケージはダイヤルと同一平面上にあり、より視覚的に印象的で美しいもとなっています。